映画字幕という仕事

映画字幕と言えば、外国映画には欠かせないという方も少なくありません。日本で外国の映画が上映される場合には、字幕と吹き替えからの選択になります。理由はさまざまですが、映画の中で言っている言葉はわからないけれど、吹き替えにしたら声が聞こえないという意見が大半でしょう。また、テレビでは吹き替え、映画では字幕と言うかん変え方もありです。現在は、映画でも吹き替えは当たり前になってきましたが、これは2000年を境に急増していると言われています。ところで、映画に字幕をつける作業がとても大本なことをご存知でしょうか?単純な作業に見えて、途方もなく忍耐と根気のいる仕事だと言われています。考えてみれば、字幕は画面のシーンが変わるたびに一コマずつ入っています。あれをすべて行わなければならないことを考えると、大変なのは理解できるでしょう。たくさんのスタッフによる映画字幕の工程ですが、肝心なのは翻訳の出来、始めの一歩と言えます。どう翻訳をするかということで、日本語によるその映画の雰囲気などもがらりと変えしまうおそれも存在します。単に英語を知っているというだけではなく、その映画の内容の歴史的背景から、流行語など映画の背景のことなどを知識として持ち得ないと、翻訳そのものは難しいとされています。その上、難しさで言えば、セリフをしゃべる長さと翻訳の長さを合わす作業があります。この辺りは翻訳のセンスが問題となる部分です。












サブコンテンツ